ペンケースの片隅

紙くずを入れがち

蛍太郎を誰が殺したか?(VBBネタバレ考察記事)

劇団☆新感線『SHINKANSEN☆RX Vamp Bamboo Burn~ヴァン!バン!バーン!~』についてのネタバレ(確実)考察(だとおもう)記事です

かいてたら 桐山さんの誕生日が来てしまった!おめでとうございます!健やかな1年を祈ります!

 

注意:
タイトルはパクリ
元ネタは『徳山大五郎を誰が殺したか?』です。見てない人にもパクられるタイトルってすげーな! 見てないのにパクってすみません
タイトルにも書いたけどひどいネタバレ記事です 核心と伏線に触れまくります 見たくない人は×ボタン

 

 

一応クッションとして公式サイトへのリンクはっときます

 

 

クッションおわり!

 

 

蛍太郎の死にまつわる不可解な点

藤志櫻に血を吸われた後、甲冑越しに腹へと4本ほど矢が突き刺さるのが人間・蛍太郎の最期です。

なぜ蛍太郎にあのタイミングで矢が何本も刺さったのか。また、そもそもなぜ蛍太郎はあんなに必死に藤志櫻を探していたのか婚約者であるかぐや姫の悲鳴の方向へと矢を放ったのか。あの光と悲鳴、そして着物は、ほんとうにかぐや姫のものだったのか。

この4つについて、自分なりに考えたことをまとめてみます。

 

1.なぜ蛍太郎の腹に矢が刺さったのか?

矢であること、刺さった直後に「蛍太郎!」と名を呼ぶ声がしたことから、あの3貴族、あるいはその家臣が放ったものであることは間違いないと思います。

そして「なぜ」蛍太郎に向けて放ったのか。本編からすると、藤志櫻を狙っていたが、矢の向かってくるほうに蛍太郎が向けられたため結果として刺さってしまった。こうなるかなぁと思います。

でもなんかおかしいんですよね。吸血から間を置かずに複数の矢が刺さったわけだから、明らかにあの辺一帯が複数人から狙われてる。なんならやるかやられるかの取っ組み合いをしている中、冷静に的を定めてたはず。あんなにきれいに当たってたんだし。

えっ、祝言あげる男が脱獄殺人者に捕まってるのに、助けもせず冷静に見てる?

 

時系列は巻き戻りまして、 2つ目を。

 

2.なぜ蛍太郎は藤志櫻を必死に探していたのか?

「オイ脱獄しよったぞ」「マジかよこれもう殺してええやろ」「無礼講やで」みたいなノリに圧されて「殺っちゃってください」と冷酷*1にゴーサインを出した蛍太郎。それからあまり時間が経っていないとは思えないくらい、「藤志櫻様ーッ!!」と悲痛ささえ帯びた声で叫びまわって探していました。

なんで?

場面が転換してすぐにあの「藤志櫻様ーッ!!」が聞こえるんですけど、正直「えっなに?なんかやばいことでも起こった?」って思いました。さっきゴーサイン自分で出した割に必死すぎない? この世の終わりみたいな叫びだった気がする。

考えられることが2つ。誰か殺された、あるいはそれに類することがあった(襲われたとか)。ついでにそれを知らされた。

やっぱりかぐや姫関連かなぁと思うわけです。詳細は次にて。

 

3.なぜ蛍太郎はかぐや姫に矢を放ったのか?

いや普通、婚約者が悲鳴上げたからって弓放たんやん?

ていうかそもそも、天皇の息子のお付き(下人)が「自分なんて恐れ多いですぅ」とか言うレベルの「姫」がそんなホイホイ外出る? しかも人の生き死にのかかったかなりの緊急事態に。竹から生まれたエイリアンとはいえ、さすがに家の中にいる……いるよね? いることにしよう。

ということは、かぐや姫が外に出る事態となっている、ということになる。家の中にいるはずの姫が外にいる。つまり連れ出された。誰に? 藤志櫻しかおらんやろ~~!!

ここで「藤志櫻様ーッ!!」の理由がやっとわかった(ことにする)んですけど、かぐや姫に矢を放った理由にするにはまだちょっと弱いなぁと。

なんでか? 連れ去られたからって、悲鳴のほうに矢を放ったら姫本人に当たる可能性があるからです。他に「誰か」そっちの方向にいるということがわかってないと、たぶんさすがに射ないんじゃないかなぁ。すげー死ぬほど焦っててとりあえず近くにいるだろう藤志櫻を威嚇、という線はまだまだ濃厚ですが。

ここでの仮説は、かぐやのほかに誰かいたことがわかったから。そういうことにしておく。

でもなぁ、かぐや姫と一緒にいたのは藤志櫻じゃない気がするんだよなぁ。だって肩に矢の刺さったかぐや姫が藤志櫻みて「あんたがやったのね!*2」って言うじゃないですか。あたかも<今ひさしぶりに落ち合いました! 信じてたのに裏切られました!>って感じするじゃないですか。

あれっじゃあだれがかぐや姫を外に連れ出したわけ?

謎が深まる。4つめの考察に入ります。

 

4.あの光と悲鳴、そして着物は、ほんとうにかぐや姫のものだったのか?

ここの項目だけ結論から先に言います。

蛍太郎だまされたんじゃねえの?

蛍太郎はかぐや姫のことを「声」と「光」だけで判断しています。そしてそのあと「服」を見て、かぐや姫は藤志櫻にやられたのだと確信します。そこで襲われ弓に当たって死にます。合掌。

お分かりのように蛍太郎くん、なにひとつかぐや姫の姿をその目で見ていません。全部、その要素です。すり替えがきく。声真似だって、やろうと思えばできる人はいます。成年男性には無理なら、少年を使えばいい。高価な女性用の服だって、手に入れてしまえばなんとでもなる。

「緑の光」は再現できないだろ! と思われるかもしれません。あんなネオンみたいな光無理だろうと。ではこちらの動画をご覧ください。1分18秒当たり。

youtu.be

できてる。化学すげえ。

他にも銅の炎色反応は青緑だとか。暇な方は画像検索してみてください。実際やるにはいろいろと用意が必要らしいですが、やってやれないことはない!というのが化学選択してない文系脳の限界でした。理系の皆さんスゴイ。

ということであれはかぐや姫のものではなかった。蛍太郎はだまされた(それも意図的に)のだと私は思います。

なんのために? あのポイントにおびきだすためじゃないかなぁ。何人もの射手をそろえた、あのポイントに。

 

まとめ:

かぐや姫、何者かによって連れ出される。

蛍太郎、それを知らされ、必死になって藤志櫻(とかぐや姫)を探す。

かぐや姫だと思い込んだ蛍太郎、矢を放ち、服の落ちているところに走る。

そしてそこで藤志櫻に襲われ、射殺される。

 

「蛍太郎を誰が殺したか?」

長々と書いてきましたが、みなさんまだ生き残っていらっしゃるでしょうか。残ってくださっている方々、ありがとうございます。退場された方々、お疲れ様でした。

残っている方々にはもうしばらくお付き合いねがいます。「蛍太郎を誰が殺したか?」という表題で打ち立てた問いに、ようやく答えたいと思います。

もうおわかりの方もおられるでしょうが、私の答えはこうです。

「蛍太郎を殺したのは3貴族である」

もともと闇討ちしようとしてたしな。

藤志櫻が吸血鬼騒動で使い物にならなくなったせいで実行には移せませんでしたが、ずっとストレスポイントはたまってたのではないかなぁ。かぐや姫も「ぶひぶひとやきもちを焼くのがおもしろいのです~!!」とか言ってたし。

蛍太郎を殺した時に3貴族に与えられるであろう恩寵は、実際すごいものになったのではないでしょうか。自分の領土をやろうっていってた相手が死ぬわけで。藤志櫻はバケモノ扱いされてもう天皇子息としての価値はないわけだし。あわよくばかぐやを娶ろうとか思っててもおかしくない。死体はなんかこううまいこと細工したらいいと思ってたんじゃないかな!

「かぐやの肩に刺さっとるやんけ!!」という問題ですが、正直これについては結論が出ません。ひとつは、ほんとうにあそこにかぐや姫がいたということ。つまり刺さってるのは蛍太郎の矢。もうひとつは、3貴族がかぐや姫を連行するときに射った。部屋に血が残ってたりしたら、かぐやが藤志櫻に襲われたことの信ぴょう性上がるかなって。

かぐやの証拠偽物説だともちろん後者なんですが、もしあの場にいたとしても、落ちてた着物は敢てのものだったんじゃないかな。かぐやを貴族の誰かが襲う。悲鳴を上げるから口封じに何かしているところに矢が飛んできて、刺さる。着物を落として藤志櫻が殺したことにする、みたいな。

藤志櫻が蛍太郎を襲ったのは予想外だったでしょうが、結局はどちらも殺すつもりだったのではないかな。藤志櫻バケモノだし。殺すって言ってたし。でも優先順位は蛍太郎>藤志櫻だっただろうな。

 

そんなことを考えながら観劇しておりました。もう観に行ける機会がないのでこの説を検証できないのが残念です。正直いろいろ穴だらけだしテンション芸みたいなところある。

これを読んでくださった方で、もしこの後も観劇の予定があれば、ぜひこの問いについて考えてみてください! とつぜんミステリあるいはサスペンスのように感じられて面白さ倍増!したらいいなあ。

長く書きすぎました。終わります。お疲れ様でした!!

 

(下はおまけ) 

「蛍太郎を誰が殺したか?」

回答:3貴族

動機:蛍太郎が目ざわりだった

実行:かぐや姫が連れ去られたと蛍太郎に知らせ、探させる。射手を配置し、そこにおびき出せるポイントで緑の炎を焚き、ちょうどいいタイミングで稚児に悲鳴を上げさせる。そして蛍太郎がそこにきたときに矢を放つ算段。

 

*1:公演時の演技による

*2:ニュアンス